開業資金の調達なら大阪飲食店開業支援センターにお任せ!

大阪飲食店開業支援センターby NONOGUCHI accounting firm

0120-459-880

メールで無料相談

開業お役立ちコラム

【集客コラム】雨の日を集客のネタに!

2019年11月11日(月)

こんにちは!大阪飲食店開業支援センターの中野です。

本日は先日の「開業コラム」とは少し視点を変えて開業してからの「集客コラム」をお送りしたいと思います。

既に当センターを利用していただいているお客様はご存知かと思うのですが、私の仕事の一つとして「開業支援」だけではなく開業してからの「経営支援」があります。
これは飲食業に限ることではなく、製造業、卸業、運送業、ゴルフスクール、旅館業など挙げだしたら切りがないのですが日々、数字の分析を軸に今後の目標値の設定やその目標値と比較して行われるモニタリングなど様々な業種の経営者の方と経営会議を行わせて頂いております。

その中でサービス業の皆様が今年口をそろえておっしゃるのは「今年は天候が悪すぎる・・・」といったことです。確かにそうでした、今年は週末になれば、大雨、台風・・・とサービス業の儲け時を潰してきているかのような天候続きでした。

何気なくほぼ毎日目にする天気予報ですが、サービス業に関していえば重要な問題の一つであります。それはそうですよね、サービス事業のほとんどはお客様に足を運んでもらって提供するということが多いのですから。

利用する側からすれば雨の日、雪の日、寒い日になかなか外に出たくないのが人間の心理ではないでしょうか。

私のお客様が使われているPOSレジでは一日の売上や客単価、年齢層に加えて天気の情報も入っているものがございます。そのPOSレジの分析を使って天気ごとに並び替えたところ面白いほど雨の日の売上は弱いということがわかります。

では、雨の日だから皆売り上げが弱い、人が来ないといって諦めてもいいのでしょうか。
日本は1年間の1/3が天候不良日と言われています。つまり天候不良日を捨てるということは年間売上の1/3を諦めることになります。ちょっと怖くなってきたんじゃないでしょうか。でも実際こういった考えの方がまだまだ多いのが現実で逆に考えればここを改善することが売上アップの近道に繫がりますし、他店と差をつけることもできることにもなります。

では、実際にどのような改善策が考えられるでしょうか?

ズバリお客様に「雨の日だから行きたくない」ではなく、「雨の日だったらあの店にいこう!」と思わせる仕掛けが大事です。

そうなってくるとやはり「雨の日」という限定ワードを使った限定メニューや割引サービスが一番効果的ではないでしょうか。

例えば、雨の日限定で普段は提供していない「シェフのプライベート夜食」なんて銘打って簡単にできるオムライスやパスタなど比較的追加の原価がかからないものが和食中心の居酒屋から出てきても面白いかもしれません。

割引サービスに関しては「お足元が悪い中ありがとうございます!ドリンク3杯まで定価の半額!」など比較的粗利益率の高い商品の割引サービスなどでしょうか?ドリンク3杯まで半額ってインパクトすごいですよね!あまり飲まない方ですとこれでドリンクは十分ではないでしょうか?(私はたぶん足りないので、4杯、5杯と注文してお店の方が笑顔になると思います)
これからのシーズンですと寒くなるので鍋のトッピングを〇品追加!や〆の雑炊、うどんは無料!などですかね?

やはりやるならインパクトです!中途半端なサービスは逆効果です。
あとはこの限定メニュー、サービスをどう伝えるか。せっかく対策、仕掛けを行ってもお客様に伝わらなければ効果なしです。

お金のかからない策としては会社が近くにあり駅への通り道ならA看板、お客様に直接伝えるならSNSが主流ですかね。中でも「Line@」は直接メッセージを送れるツールとしては優れているかもしれません。インスタグラムやツイッターも効果的かとおもいますがたくさんフォローしている方の場合自社の情報がほかの情報に埋もれてしまうこともあります。その点line@は直接的に働きかけることができるので、目に留まる可能性は高いと思います。

たとえば、私が知っているお店ではline@をつかって各お客様に「本日限定会計10%オフしちゃいます!」といったメッセージを送っています。送るタイミングとしては売上が凹みがちな週の真ん中水曜日や雨の日などです。そして会計時に「line@でメッセージ届いていますか?」とスタッフの方がお客様に問いかけ、お客様が会計時に携帯を提示して10%オフの会計になるといった流れです。それを目にしているほかのお客様もあ、line登録したほうが得やん!ってなりますよね。そして机の上にあるQRコードから友達追加をし、次回お得なメッセージが送られてきたときに「待ってました!」となるのです。

メッセージを送るタイミングとしては雨予報当日の朝か正午辺りがベストではないでしょうか?特に通勤中スマホを触る機会の多い通勤時間などはチャンスかもしれません。

このようにお客様に直接的に働きかけられるline@。使用料そのものは無料ですし導入してみても面白いかもしれません。

日本人はやはり「限定」というワードに弱い傾向のようです。私も後輩の山田君もUberEatsの配送料無料メールがきたらめちゃくちゃ注文します。普段配送料が高い店も0になるわけですから、頼まな損損♪って感じですね。

いかがでしょうか?
雨の日やから最悪!ではなく「雨の日」という限定された日を限定されたサービスに結び付けて売上の底上げを図ってみてはいかがでしょうか?

せっかくの雨の日!普段できない仕掛けをどんどんやっていきましょう!
会計スタッフの方は「傘のお忘れにお気を付けください。」なんて言葉も親切かもしれませんね。

あ、傘立ても忘れずに!

*********************************************************************
飲食店開業でお困りの方、融資を検討している方は当センターまでお気軽にご相談ください!
◎メールの方はコチラ
◎お電話の方はコチラ 0120-459-880
◎SNSにていろんなお役立ち情報も発信しています!
Twitter:めがねくん@ごぼう
Instagram:めがねくん@餅好物です

*********************************************************************