開業資金の調達なら大阪飲食店開業支援センターにお任せ!

大阪飲食店開業支援センターby NONOGUCHI accounting firm

0120-459-880

メールで無料相談

開業お役立ちコラム

【経営コラム】キャッシュレス決済はオプションから必須に

2021年07月30日(金)

こんにちは!大阪飲食店開業支援センターの中野です。

ずいぶんと久しぶりのコラム更新になってしまいました。
お待たせしました!お待たせしすぎたかもしれません!とはまさにこのことです。。。

長い間コラム更新をお休みしておりましたので充電完了ということで今後は月2回のコラム更新を目標に臨んでいきます><


さて、今回は開業コラムではなく経営コラムです!

意外とこれまで説明してこなかった「キャッシュレス決済」に関して説明したいと思います。

コロナ禍でさらに加速している「キャッシュレス決済」ですが、実は海外では既に現金よりも主流になっている国もあります。
以下が、2016年時点の各国の決済時におけるキャッシュレス決済比率になります。

韓国    96.4%
中国    77.3%
イギリス  68.7%
カナダ   62.0%
アメリカ  46.0%
インド   35.1%
日本    19.8%
ドイツ   15.6%

と、実は日本は下から数えたほうが早いくらいキャッシュレスに関しては後進国となっております。一方で韓国や中国では現金よりも圧倒的にキャッシュレス決済の比率が高くなっており、キャッシュレス決済の導入は必須となっていそうですね。日本は現金の信用力が高く、キャッシュレス決済は少数派でしたが、コロナを機に生活様式が変化する中で今後もさらに利用者が増加してキャッシュレス決済の対応は外せなくなると思います。

ではキャッシュレス決済というと何を指すかですが、キャッシュレス決済といっても様々な種類があり、大きく分けて
・電子マネー
・デビットカード
・クレジットカード
の3つに分けられます。

さらに電子マネーに関しては、
・交通系ICカード
・自動チャージ型
・QRコード型
・流通系ICカード
などに分けられます。

特に最近ではキャンペーンや手軽さゆえにPayPay、LinePay などのQRコード決済は全世代で非常に利用者が多く、クレジットカードと並んで導入が必須のツールと言えるのではないでしょうか。

飲食店を開業、経営するにあたりキャッシュレス決済導入はメリット、デメリットそれぞれ存在します。
以下が、私が感じるメリット、デメリットになります。

【メリット】
新たな顧客の獲得、オペレーションの簡略化
【デメリット】
決済手数料、現金化の遅れ

メリットに新たな顧客の獲得と挙げましたが、ニュアンスとしては客離れ防止という表現の方が現状は近いのかもしれません。コロナを機に衛生面に再度注目され、現金を極力触りたくないという考えの方、どうせ支払うならポイントバックがあるキャッシュレス決済が良いという方が増加傾向にあり、キャッシュレス決済非対応の店舗は敬遠される可能性が出てきているのです。

デメリットに挙げている現金化の遅れですが、すでに導入している店舗様ではご存知の通り、キャッシュレス決済全般のお金の流れは、

お客様⇒決済会社⇒店舗  です。

ですのでどうしても現金払いよりも現金化するのが遅く、それを計算して資金繰りを組まなくてはならないのです。
かといっても昔の様に一か月後に入金という決済会社は少なく最短で翌日入金や一週間後入金など比較的換金スピードが上がっているため、かつての様に大きく資金繰りを狂わすようなことはないのかもしれません。

最後に、こんなに多くのキャッシュレス決済がありますが、いったいどのキャッシュレス決済手法を導入すればよいのでしょうか。

私個人の意見にはなりますが、導入を考える際のポイントとしては、ターゲット客をどこに置いているかによると思います。

例えばビジネスの場で接待利用で使ってほしいという考えがあるならクレジットカード決済の導入は必須です。
また、地域密着で商品単価も低く、少しでも手数料を抑えたいというならQRコード決済になります。学生街などに位置し若者がターゲットの場合もQRコード決済です。

今回は簡単に「キャッシュレス決済」に関して書かせて頂きました。

導入コストや手数料に目が行きがちで日本の飲食店ではこれまで敬遠されがちだった「キャッシュレス決済」ですが、現状はもうすでに導入が必須になっていると考えられます。
当センターではキャッシュレス決済を踏まえた事業計画書の作成、経営におけるキャッシュレス決済導入のポイントなどあらゆる疑問を解決する飲食店経営のエキスパートがそろっております。

キャッシュレス決済に関して疑問がある方は是非一度当センターまでご質問ください。

追伸

私が10年以上通っているお店は店主が80歳で当然電話はガラケーですし、キャッシュレス決済どころか常連客に関してはツケを許しているようなお店です。
酒で酔っ払った常連客は2,300円の会計に対して3,000円を出して「おつりはとっといて!!」なんて言う世界観です。
個人的なキャッシュレス決済の一番のデメリットは「おつりはとっといて!」とか「端数であの子に一杯おごっといて!」などどいう粋なやり取りができなることだったりします(笑)


*********************************************************************
飲食店開業でお困りの方、融資を検討している方は当センターまでお気軽にご相談ください!
◎メールの方はコチラ
◎お電話の方はコチラ 0120-459-880
◎SNSにていろんなお役立ち情報も発信しています!
Twitter:めがねくん@ごぼう
Instagram:めがねくん@餅好物です
****************************************

飲食店開業お役立ちコラム