開業資金の調達なら大阪飲食店開業支援センターにお任せ!

大阪飲食店開業支援センターby NONOGUCHI accounting firm

0120-459-880

メールで無料相談

開業お役立ちコラム

【集客コラム】〇〇の日は日本人に響く!

2020年01月14日(火)

こんにちは!大阪飲食店開業支援センターの中野です。

早速ですが、昨日は成人の日でしたね!
新成人の方、ご成人おめでとうございます。皆様の更なる飛躍をお祈り致します。

そんな成人の日ですが、個人的に昨日偶然大阪の梅田界隈を用事があり歩いていたところ、東通り商店街、天満界隈あたりは若い方がいつもよりも多かったように思いました。20歳といえばお酒が解禁される歳でもありますし、居酒屋等で集まって祝杯をあげていたのではないでしょうか?

通りかかった飲食店に目を配ると多くの店舗がA看板などで「成人の日サービス!」といった宣伝をしておりました。内容としては、乾杯ドリンク無料や定番フード一品サービスなどなど・・・これを機に一気に売上アップを!という各飲食店の意気込みを感じるものばかり。
実は成人の日というのは1月、2月が閑散期といわれる飲食業界の売上を助ける救世主なのかもしれませんね。

さて、この「成人の日」サービスですが、他の日でも似たようなサービスを見かけないですか?
有名どころでいくと毎週水曜日は「レディースデー」や毎月29日は「肉の日」などではないでしょうか?
普段何気なく過ごしていて気づかないかもしれませんが実は日本のサービス業界は○○の日を謳ったサービスを見ない日がないほど存在しています。理由は簡単で単純に売上に繫がるからです。国民性なのかもしれませんが特に日本人は「限定」や「お得」が大好きです。「普段はいかないけど29日は肉の日でお得だから焼肉いこうかな?」「〇曜日はポイントが2倍だから買い物しなくちゃ」「1日は映画の日で安く観れるから何か映画やってないかな?」といった思考は全て〇〇の日サービスによるものです。皆さんもそういった経験ないでしょうか?

ではそういった〇〇の日、どのように設定しているのでしょうか?
大きく分けて曜日ごとに設定するパターンと日にちごとに設定するパターンの2通りとなります。曜日ごとに設定するパターンは月に4回ありますのでお客様も単純に覚えやすくリピートに繫がりやすいかと思います。その分限定感は多少薄れるので「来週にしよう!」といった考えもでてくるかもしれません。日にちごとに設定するパターンは〇の付く日という宣伝にすると1がつく日以外ですと月に3回回ってくることになります。こちらは曜日とは逆で限定感を伝えやすいのですが、忘れられることも多々あるようです。日にちを完全に指定して月一度のサービスにしてプレミア感を演出しても良いかもしれませんね。

サービスデーの設定は従業員のオペレーションにも関係してきますので店舗全体でよく話し合ってどの日が効果的かを見定めましょう。

サービスデーの設定においての注意点としてはサービスの内容はお得感を感じることができてかつ店のオリジナリティを感じるものにすることです。サービスの内容がお客様の印象に残らなければリピートはありません。とにかく次も来たくなるような仕掛けが必要です。一般的には○○が半額や○○が一杯無料などが多いですが、インパクトという点から行くと安くする戦略の真逆のその日しか出さない高いメニューを出してみても面白いかもしれませんね。安い=お得ではなく限定商品を食べれた=お得と感じるお客様もおられます。そういったお客様はインスタグラムなどで拡散してくれる可能性もありますのでお店にとって非常なに貴重な存在となります。サービス内容に関しては何度か違う内容を試してみて、一番反応がよかったものを採用したらよいかと思います。

最後にサービスデーの広告方法ですが、看板、店内POP、SNSはもちろんline@も非常に有効です。line@の宣伝方法に関してはコチラの記事で少し触れておりますので是非ご参考に!

一般的に飲食業界の閑散期といわれる1月、2月ですが是非サービスデーを設けてお客様の獲得を目指しましょう!


*********************************************************************
飲食店開業でお困りの方、融資を検討している方は当センターまでお気軽にご相談ください!
◎メールの方はコチラ
◎お電話の方はコチラ 0120-459-880
◎SNSにていろんなお役立ち情報も発信しています!
Twitter:めがねくん@ごぼう
Instagram:めがねくん@餅好物です

*********************************************************************