開業資金の調達なら大阪飲食店開業支援センターにお任せ!

大阪飲食店開業支援センターby NONOGUCHI accounting firm

0120-459-880

メールで無料相談

開業お役立ちコラム

【開業コラム】個人事業か会社設立か

2018年05月16日(水)

こんにちは!

大阪飲食店開業融資支援センターの山田です。

今回は個人事業主と会社形態での開業について書いていきます。

結論からお伝えすると、個人事業主をおススメします。
一応、例外としては、ご友人や知人と共同経営をする時については、会社を設立して出資関係をはっきりとさせた方が融資の際に説明が通り易い場合があり、その場合は会社設立をおススメします。

どうして、個人事業をおススメするのかの理由ですが、最初にお金がかからないからです。
会社設立の場合ですと、司法書士の先生に依頼するとして、合同会社で10万円程度、株式会社で20万円程度のお金がかかります。
そんなに大した金額じゃないと思われるかもしれませんが、大金です。
とにかく開業直後は予想をしていなかった出費というものに悩まされます。
どれだけ事前にシミュレーションをして、その通りに厨房等を設計しても、実際に営業をしてみると、手直しをしてみたくなったり、居抜きの場合は、前オーナーの残していった設備が故障したり、想定外の事態に対応しなくてはならなくなり、資金繰りが厳しかったという話はお客様からよく聞きます。

最初は個人事業主をおススメしますが、規模が大きくなってくると会社を設立することをおススメします。
会社のメリットとしては、
利益が大きくなってくると、個人事業主よりも会社の方が税額が安くなったり、生命保険等で節税ができたり、取引の際の信用が上がる、消費税の免税期間の再度適用というものが考えられます。どれも、ある程度の売上があったり、経費を支出できるだけの資金力が必要だったりというものですので、店が軌道に乗ってからの話になります。

ザクっと説明をすると上記のような感じになります。
こういったことも開業相談の時には応じておりますので、気になる方はお問い合わせください。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

飲食店開業でお困りの方、融資を検討している方は当センターまでお気軽にご相談ください!
◎メールの方はコチラ
◎お電話の方はコチラ
0120-459-880 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*